各種計算機
GPA計算機

GPA計算機

このGPA計算機はあなたのGPAを計算し、卒業必須単位と成績に基づいてレポートを作成します。成績表記は数字でも英字でも受付可能です。

学期 1

前学期

オプション

関連する計算機

成績計算機
成績平均点
コース 単位 成績 成績点
数学 3 A 3x4 = 12
英語 3 B+ 3x3.3 = 9.9
歴史 2 A 2x4 = 8
合計/全体 8 GPA: 3.737 29.9

計算にエラーがありました。

目次

  1. GPAプランニング計算機
  2. この計算機は英字評価と数字評価を使用します。
  3. 以下のステップを踏んでGPAを向上させる
  4. 常に授業に出席する
  5. プランニング:

GPA計算機

この計算機は学生の成績ポイント平均値(GPA)を計算します。高校に在学中でAP・IB授業をとっている場合、%か、異なる縮尺に成績を入力して「設定」を調整する必要があります。前年度のGPAか学期のグループ授業を組み込むことが可能です。

GPAプランニング計算機

目標とするGPAの到達・維持のために今後の授業で必要な最低GPAの見積もりを計算します。

この計算機は英字評価と数字評価を使用します。

世界中の学校で使われている成績評価システムは複数あります。最も使われている学業の測定方法は成績ポイント平均値(GPA)です。学生の全体成績平均値を計算するために授業単位が考慮されます。

この計算機には英字か数字を入力することが可能です。以下のリストは、文字等級が数値の値に対応していることを示しています。

  • F = 0 成績ポイント
  • D- = 0.7 成績ポイント
  • D = 1 成績ポイント
  • D+ = 1.3 成績ポイント
  • C- = 1.7 成績ポイント
  • C = 2 成績ポイント
  • C+ = 2.3 成績ポイント
  • B- = 2.7 成績ポイント
  • B = 3 成績ポイント
  • B+ = 3.3 成績ポイント
  • A- = 3.7 成績ポイント
  • A = 4 成績ポイント
  • A+ = 4.3 成績ポイント

P (合格), NP (不合格), I (未完了), and W (退学) といった文字は影響がありません。

アメリカの学校では生徒の大半が、上記のシステム概略で成績づけされています。しかし、FがEの代わりに使われることもあります。成績システムの中にはA+やB-を含むこともあれば、無いこともあります。

学生には他の授業よりも特定の授業に重きを置いている人もいます。特定の単位数に「重み付け」がなされている授業がある場合、計算機はそれを考慮に入れます。これによって、合計成績ポイント平均値を決定する際に、授業成績はより重要になります。

授業 単位 成績 成績ポイント
数学 4 A+ 4 × 4.3 = 17.2
物理 2 B 2 × 3 = 6
英語 3 A 3 × 4 = 12
合計 9 NA 35.2
GPA 35.2 / 9 = 3.91
授業 単位 成績 成績ポイント
生物 4 3 4 × 3 = 12
化学 3 2 3 × 2 = 6
化学実験 2 4 2 × 4 = 8
合計 9 NA 26
GPA 26 / 9 = 2.89

以下のステップを踏んでGPAを向上させる

一人の学生に対して作用するGPAの上昇戦略は他の学生に対しては非効果的になる可能性があります。ですので、万人向けのアプローチというのはありません。下記のヒントがGPAを上昇させる助けになるでしょう。以下の提案で誰もが成績ポイント平均値を上げられるというわけではありません。しかし一般的に見て、GPAが増加するよう学業にポジティブな影響を与えられるものとなっています。

常に授業に出席する

授業料はほとんどの場合学生やその保護者によって支払われており、授業に出ないことは、経済的に無駄であり、教育機会の損失でもあります。時折学生は特定の授業は自分にとって役に立たないだとか、時間の無駄だと結論づけてしまうこともあります。

それでも、授業に出席するだけでも得られる知識は常に大事なものなのです。授業の欠席によって、試験場所や試験範囲の変更に関する情報を得られなかったと想定します。その場合、その学生のGPAに悪影響が及びます。

実際、教師は定期的にノートを読み上げ、後でオンラインで使えるようにします。しかし、授業を欠席すると情報の欠如を招きます。教授と他の学生は、より良いコンセプトを把握するために貴重な情報を提供し、学生により深く科目を理解させようと相互に影響し合っています。授業で一見マイナーな質問をする学生への返答と、付随する説明はテストのスコアに大いに影響を与えます。

加えて、精力的に出席している学生は、とりわけ小さなクラスだと、教授との間に名前、顔、成績での繋がりを作るのに役立つかもしれません。熱心で気の利く学生を認識している教授は締め切りを破るという致命的な状況に理解を示してくれる可能性が高いのです。

積極的な出席は、オンラインノートや教科書を読み上げているよりも、学生の気持ちを科目に引きつけやすく、不明な点は即座に明らかにされます。これは学生の成績とGPAに影響します。

プランニング:

学生それぞれが異なる情報を学びます。長期間作業しがちな人がいる一方で、頻繁に休息をとりがちな人もいます。万人向けの学習メソッドはありません。各人の学習スタイルやタイムテーブルは、その学習へのアプローチの仕方によって決定します。

関連知識を求めることと、授業のノートをとることは密接に関わっています。授業中に教師からすべての情報を会得する時間が学生には無いかもしれません。そのため学生はノートをとるべきなのです。それで、ノートを振り返って教師が書いたことを復習することができるのです。

プランニングに時間管理は不可欠です。1日は24時間しかなく、そのすべてを効率的に使えるわけではありません。学習が重要である一方、自分の手に負えないほどたくさんの授業に出席することは学業やGPAに差し障ります。

すべての科目を選択したら、それぞれの予算決めとプランニングで必要とされる作業量と時間を大局的に見ることができます。複数の授業に必要な作業量に慄くかもしれませんが、いつどのように作業するかプランニングすることはストレスを減らし、パフォーマンスを向上させます。

学習計画において作業を定期的に復習することは、時間管理の別の側面にもなります。授業の情報量の多くが、最終試験までにカバーされます。情報の一部を何度も定期的に学習することは、試験直前にすべての情報を記憶しようとするよりもしばしば効果的です。

定期的な復習を通じた情報の同化は、最終的に時間の節約となり、試験でより良いパフォーマンスができ、平均スコアも増加します。

関連する計算機

成績計算機